在宅仕事のメリットとデメリット☆在宅で、副業をしていくなら

在宅で副業をしていくのに、役立つ情報を集めています。



大好きで面白くてたまらなくて、ブログ記事を書くのが三度の食事よりも楽しめてしまう。
そんな趣味のブログやサイトをお持ちであれば、「月5万円くらいは」、簡単に稼げるようになるでしょう。
ただ、それには体系的な戦略が必要です。

『いや、私の大事な趣味のサイトで、稼ぐことなんて考えていないよ・・・』
それはそれで、すばらしい価値観ですから、私が否定する余地はまったくありません・・・。

でも、『楽しみながらサイトを運営して、なおかつ趣味をもっと充実させるためのお小遣いが入るなら、それはそれでありがたいなー』

そんな風にお考えのあなたなら、このご提案が参考になるかもしれませんよ!

よかったら、覗いてみてくださいね! ↓↓




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

在宅仕事のメリットとデメリット

☆この記事は、「在宅仕事あれこれ 新着記事」から引用させていただいています。




在宅仕事のメリットとデメリット



在宅仕事の利点ばかりに

目を奪われていませんか?
確かに在宅仕事は大きく稼げる可能性を秘めていますし、実際に在宅ワークで大きく稼いでいる人もいます。

しかし、結果が出なければ収入ゼロもありえるということをしっかりと頭の中に入れておいて下さい。



◎在宅仕事のメリット


仕事が在宅で出来る為、会社へ行く必要がありません。 また、空いた時間に自分のペースで仕事が出来る為、小さいお子さんを抱えた人(主婦など)でも始めることが出来ます。
内職とニュアンスが似ている部分がありますが、収入の面では大きな差が生じます。
更に、20歳以上(学生不可)ならば誰でも参加出来る為、定年などもありません。
独立を考えている人にとっては小資金で開始出来る為、とても魅力を感じるかもしれません。


◎在宅仕事のデメリット


全て自分でやる必要があります。 勿論グループ内でのフォローに頼ることも大切ですが、何でも人任せにしてしまうような人では、在宅ワークで成功することは出来ないでしょう。




●在宅仕事の報酬はどれくらいなのか?



在宅仕事でいったいどのくらいの報酬を得ることができるのでしょうか?
以下にモデルケースを記載してみました。

(ケース1)
◎種類別収入平均

テキスト入力 1文字入力 0.2円~

アンケートデータ入力 1文字入力 3円~

会計・決算処理業務 1件に付き 7,000円~

マーケティング業務 1件に付き 15円~

会計・月次仕分け業務
(簿記) 1件に付き 3,000円~

入力集計業務 1件に付き 400円~


●在宅仕事支援サイトについて
在宅仕事をする場合に、あらじめ情報を収集しておく必要があります。インターネットでの支援サイトがいくつかありますので、一度検索してから比較検討し、信頼できるとこから情報を得るようにするといいでしょう。
その代表的なサイトのいくつかを紹介します。



在宅情報Navi=

在宅仕事の初心者のためのサイト

です。パソコンでの在宅仕事を中心とした情報提供を行っているようです。


キャリアプラン=スキルアップに合わせて高収入に繋がる在宅仕事も紹介してくれるようです。
また、パソコン以外のお仕事も支援してくれるようなので、パソコン操作に自信がない方にも良いかもしれません。



フレックスシステム=フレックスシステムでは「経費削減を図る企業」と「在宅仕事をする人」との橋渡しを図っているようです。
育児や介護または、仕事と家庭の両立等、様々なニーズに対応できるシステムで、

在宅仕事を支援

してくれるようです。




<引用元>

http://maruta.be/zaitaku1

スポンサーサイト

テーマ:暮らし・生活 - ジャンル:ライフ

  1. 2008/09/04(木) 20:47:30|
  2. 未分類

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。